ガジェット

【2020Appleイベントまとめ】Apple HomePodminiを発表!機能や価格は?初代との比較も!

みなさんこんにちは。yajison(やじそん)です。

2020年10月13日(日本時間10月14日午前2時)にAppleイベントが開催されました。

本記事はその中でも新たに発表された「Home Pod mini」についてまとめました!

※発表された別の製品に関しては別記事にまとめております。

 

Apple Home Pod miniを発表!

2020年10月13日(日本時間10月14日午前2時)のAppleイベントで新型Home PodのHomePodminiが発表されました。

AppleはこのHomePodminiをスマートスピーカーに求める全てを備えている。と発表しています。

以下で詳細を説明いたします。

価格は手頃な10,800円(税別)から!

値段は10,800円(税別)から。
他社製品のスマートスピーカーと比べても大差はない値段です。
機能については本記事で後述していきます。
いずれにせよAppleのスマートスピーカーが10,800円で購入できるのはかなり良いと感じました。(※初代HomePodsは税別32,800円)

カラーは2種類

カラーは初代HomePods同様、ホワイトとスペースグレイの2種類です。


Apple

球形サイズで省スペース対応

筒型の初代HomePodsに比べ、HomePods miniは球形でかわいらしいデザインです。

重さは約345g、サイズは高さ84.3mm、幅97.9mmだ。
参考までに初代HomePodsは重さ2.5kg、高さ172mm、幅142mmだ
かなりのコンパクト感のある作りになっています。

初代HomePodsが大きくて購入を諦めた方にとってはありがたいですね。

予約注文は11月6日より

予約注文は11月6日より。販売は11月16日となっています。

やじそん
やじそん
待ちきれないですね!

HomePod miniの機能は?

話題を機能にうつしましょう。

大まかにまとめるとHomePod miniの機能は以下の通りです。

・全方向音響サウンド
・Siriアシスタント
・ホームハブとしての役割

以下で詳しく説明していきます。

全方向音響サウンド

球型の設計や内蔵されているApple S5チップにより360度全方向への音響設計となっており、コンピュテーショナルオーディオによって広音域で繊細なサウンドが聴けるのが魅力です。
また、内蔵されている3つのマイクアレイで異なる音声を聞き取ることも可能になっています。これは家族内での利用でもHomePods miniが「Hey Siri」を聞き取ることで個別のリクエストにも応えられるようになっています。

Siriアシスタント

上部には初代HomePods同様タッチサーフェスを搭載しており、音量の調節や再生/停止が可能です。また、Siriに話しかけることでスマートホームアクセサリの操作も声だけで可能になります。
オーディオソースとしてApple MusicやPodcastの他、今後Amazon Musicなどにも対応するようになるとのこと。

ホームハブとしての役割

Apple他デバイスとの接続も可能です。例えばiPhoneで再生している音楽をHomePod miniに近づけることでiPhoneのロック解除をせずとも遅滞なく音楽の再生を引き継ぐことが可能になっています。
また、先述した通りHomePod miniはスマートホームアクサリのコントロールが可能なため家の中からでも外からでも指示することが可能です。(鍵の施錠やエアコンの調整、調光など)

複数のHomePodsを自宅内に配置・使用することで臨場感のあるサウンドを体験することができます。
そして新しいインターコム機能を使えば家族間でのコミュニケーションが可能だ。
例えば、リビングと子供部屋に1台ずつHomePodsを配置し、リビングから子供部屋にいる子供に音声だ操作だけで連絡することができる。
また、Appleの他デバイスにも連携・動作するため、外出中でも下記対応デバイスを連絡手段として利用することができる。

対応デバイス:iPhone,iPad,Apple Watch,Airpods,Car Play


Apple

初代HomePodsとの違いは?

最後に初代HomePodsとの違いをまとめてみました。

サイズの違い

先述した通り、サイズは重さを見ればHomePods miniは約7分の1まで軽減した。
サイズも全方向サウンドの為、球形になったにも関わらず、それぞれHomePodsに比べると高さは約半分、幅は3分の2程度だ。

サウンド

まだ体験をしてない為、なんとも言えないが全方向から聴けるHomePods miniのサウンドは一聞の価値はありそうです。コンピュテーショナルオーディオで素早いデバイス間の切り替えが可能になった点も魅力的でしょう。

タッチコントロール

音量の調節方法やタッチ操作での再生/停止は変わりありません。
強いて懸念するならば小さくなったHomePods miniのタッチ操作がどれほど快適性があるかどうかでしょうか。

 

まとめ

今回発表されたApple HomePods miniのまとめは以下の通りです。

まとめ

・手軽に手に入る価格
・他デバイスとの互換性
・複数持ち/ホームハブとしてさらにスマートに

 

以上になります。

すでに他社製品のスマートスピーカーを持っている方もこれからスマートスピーカーを購入しようと考えている方もぜひ参考になればうれしいです!

それでは今回はこのあたりで。最後まで読んでくださりありがとうございました。

Source:Apple News

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です