ガジェット

【2020Appleイベントまとめ】Apple 新型iPhoneをついに発表!手頃な価格で購入可能

2020年10月13日(日本時間10月14日午前2時)のAppleイベントで新型Home PodのHomePodminiが発表されました。みなさんこんにちは。yajison(やじそん)です。

2020年10月13日(日本時間10月14日午前2時)にAppleイベントが開催されました。

本記事はその中でも新たに発表された「iPhone 12」についてまとめました!

※発表されたHomePods miniに関しては別記事にまとめております。

 

Apple iPhone12を発表!5G対応に!

2020年10月13日(日本時間10月14日午前2時)のAppleイベントで新型iPhoneのiPhone12(全4機種)が発表されました。
また、5G対応や落下耐性、ディスプレイで大きな進化を遂げました。

発表された4機種は以下の通り

・iPhone 12 mini
・iPhone 12
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max

 

価格や発売日は?各機種ごと基本情報まとめ

各iPhoneの詳細はこちらからどうぞ

iPhone12 mini

  • ディスプレイサイズは5.4インチ
  • 重量は133g
  • 価格は699ドルから(日本円で74,800円から)
  • 色はブラック、ホワイト、Productレッド、ブルー、グリーンの5種
  • ストレージは64GB/128GB/256GB
  • 予約注文は11月6日からリリース日は11月13日

iPhone12

  • ディスプレイサイズは6.1インチ
  • 重量は162g
  • 価格は799ドルから(日本円で85,800円から)
  • 色はブラック、ホワイト、Productレッド、ブルー、グリーンの5種
  • ストレージは64GB/128GB/256GBより
  • 予約注文は10月16日から、リリース日は10月23日

iPhone12 Pro

  • ディスプレイサイズは6.1インチ
  • 重量は187g
  • 価格は999ドルから(日本円で106,800円から)
  • 色はゴールド、シルバー、グラファイト、パシフィックブルーの4種
  • ストレージは128GB/256GB/512GB
  • 予約注文は10月16日から、リリース日は10月23日

iPhone12 Pro Max

  • ディスプレイサイズは6.7インチ
  • 重量は226g
  • 価格は1,099ドルから(日本円で117,800円から)
  • 色はゴールド、シルバー、グラファイト、パシフィックブルーの4種
  • ストレージは128GB/256GB/512GB
  • 予約注文は11月6日からリリース日は11月13日

 

変化を遂げた点は?5G対応や機種別の違いは?

今回のイベントで発表された内容に目を移しましょう。
今回の目玉はやはり5G対応となったという点でしょう。
その他新しい点を以下でまとめました。

iPhoneも5G対応に

SonyやGoogleなど5G対応のスマホが発売されるなかついにiPhoneも5G対応となりました。これまで以上にiPhoneの使用が快適になることが予想されます。しかし、携帯各社が5G使用エリアに対応しきれていないということもあるため、購入を検討している際は一考の余地がありそうです。

そもそも5Gとは?4Gと何が違う?

5Gとは第5世代移動通信システムのことです。
4Gと比較すると圧倒的に通信速度が快適になります。
例えばネットの閲覧はもちろんYoutubeやNetflix,Huluなどの動画サービスの閲覧もいまだかつてないほど高速かつ高画質で視聴・ダウンロードすることができるようになります。

参照 新世代モバイル通信システム委員会報告書

5G対応エリアは大手携帯各社で違いも

注意していただきたいのは大手携帯各社の中で5G対応エリアが限られているということです。お住いの地域が5G対応しているかは契約している携帯会社の5G対応エリアを事前に確認しておきましょう。

5G対応iPhoneでも携帯会社が5Gエリア対応していない可能性もある。

処理速度が向上

A14 Bionicチップを全4機種で採用していますので、処理速度が向上し、高速な動作でiPhoneを仕様しることが可能です。電力効率も向上したので長時間のバッテリー駆動も可能になりました。

やじそん
やじそん
すべての機種で同じ動作環境ということです!

 

ディスプレイは薄く、軽く、小さく

iPhone12シリーズ(IPhone12 miniとiPhone12)

は比較対象の前シリーズより
11%薄く15%小さく16%軽くなりました。
(※miniはiPhoneSEと比較)

落下耐性は4倍向上

新発表された全4機種でディスプレイ(前面ガラス)に採用されたセラミックシールド加工を施したことで今までのiPhoneより4倍の落下耐性が向上しました。これは前年モデルとの比較ではiPhone史上最高の向上度とのこと。

傷に対しての耐久性も向上

背面ガラスに使用している二重イオン交換プロセスを前面ガラスにも採用したことで傷や摩擦からの耐久性も向上しています。

ディスプレイ自体は有機ELを採用

ディスプレイの仕様も全4機種で有機ELのSuper Retina XDRディスプレイを採用しました。より美しい画面仕様になりました。

Proシリーズのみステンレススチールが採用されている

カメラ機能も向上。わずかな違いを解説!

スマートフォンでもきれいな写真がとれるようになりましたよね。今回の新製品でもiPhoneのカメラ機能が向上しました。
IPhone12でももちろんきれいな写真がとれるのですが、何が違うかよくわからないという方のために違いをまとめました。
共通している内容と一部の違いから購入する機種の検討材料にしてみてください!

レンズ数の違いは?

レンズ数はiPhone12 miniとiPhone12が2つ
iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxが3つです。

Proシリーズの2機種は広角・超広角に加え望遠レンズが搭載されています。

共通しているカメラ機能

全4機種で共通の機能は以下の通りです。

  1. 色補正機能の向上
  2. 動画撮影機能向上(手ブレ補正など)
  3. ナイトモードでの撮影機能向上

ProとPro Maxの違いは?

ProとProMaxのカメラ性能の違いは以下の通りです。

  1. ProMaxはより望遠レンズ機能(焦点機能)が高い
  2. ProMaxはより手ブレ補正機能が高い

また共通しているのは動画撮影機能のDolby Vision対応HDRで最大60fpsで撮影できます。(iPhone12シリーズは最大30fpsまで)

よりなめらかで手ブレ補正機能が高いProMaxは高品質な動画撮影に向いていますね!

新アクセサリMagSafeで新しい充電スタイルに

MagSafeとは新しいワイヤレス充電パッドになります。

iPhone12シリーズの背面に磁石を内臓しており、上記のMagSafe充電パットにピタッとくっつけることでワイヤレス充電をすることが可能になりました。なお、AirpodsやAppleWatchの充電にも使用できるようです。

いまのところiPhoneでは12専用のアクセサリとなっているのでiPhone12を購入した際にが購入を検討してみましょう。

専用アクセサリも登場

新発表されたアクセサリはMagSafe充電器を含め大まかに以下の3種類。(※バリエーション有)

MagSafeアクセサリ

・MagSafe充電器
・専用シリコンケース
・専用レザーウォレット

専用シリコンケースはiPhoneに装着しながらワイヤレス充電が可能になる。
専用のレザーウォレットは中にクレジットカードや身分証明書を入れられるので支払い時に財布からわざわざ取り出すことなく取り出すことができる。

またケース、レザーウォレットともに磁力でiPhoneに装着することができる為、自分思いのカスタマイズが可能になるようです。

また今回のイベント時で販売の発表はなかったものの別形態の専用ケースやAppleWatchなどと同時に充電できるケースも今後発売されるとのことです。

現在発売されているMagSafeアクセサリは10月16日から予約開始で10月23日から販売開始となる。

価格はMagSafe充電器が4,500円(税別)、専用ケースが5,500円(税別)レザーウォレットが6,800円(税別)からとなっています。

やじそん
やじそん
他社からも類似製品が続々発売されると思うので、そちらが販売されてから検討も視野にいれてみてはいかがでしょうか?

 

今回のApple イベントまとめ

今回のイベントでは大方の予想通り新型iPhoneとHomePodsminiが発表されました!

残念ながらAirPodsStudioやAirTagsは発表とはなりませんでしたが、かなり充実した内容でしたね!

【2020Appleイベント】イベント間近!発表されるであろう内容は?新型iPhoneなど噂まとめ2020年10月13日に予定されているApple Event前の新製品の噂まとめ記事になります。...

早速新型iPhone12とiPhone12 ProそしてMagSafeは10月16日から予約開始となるので争奪戦必至になると思います。

本記事がすこしでも参考になれば幸いです。

coacolでは今後も関連情報を発信して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは本日はこのあたりで。最後まで読んでくださりありがとうございました。

Source:Apple News

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です