アプリ

【アプリレビュー】 財布も電子化!ポイントカードを電子化して財布の中身をスマートに

みなさんこんにちは。yajison(やじそん)です。

今回は初のアプリレビュー記事になります。

記念すべき最初のアプリは「Stocard」というアプリの紹介です。

早速ですが、みなさんお財布にどれくらいポイントカードやメンバーズカードがあるでしょうか?

把握できていない!という方も意外にいらっしゃるのではないでしょうか?笑

ポイントカードってどこのお店でも配布していて、あっという間に作れちゃうのもあってどうしても溜まりがちですよね泣

やじそん
やじそん
僕もいつ使うねんってカードも作ってしまう派の人間です笑
 

これからご紹介するアプリはポイントカードや会員カードを電子化するアプリになります。

直感的で初めて使う方にもわかりやすいですよ!

こんな方におすすめ!!

・財布の中身がポイントカードでいっぱい

・いざという時、必要な時にすぐ出てこない

・財布の中身をスッキリさせたい

 

アプリのインストールから登録方法

まずはこちらからダウンロード!!

Stocard - ポイントカード
Stocard – ポイントカード
開発元:Stocard GmbH
無料
posted withアプリーチ

アプリのインストール後、すぐ利用できます。

しかし、Stocardアカウントを登録しましょう!

異なるデバイスからも登録したカードが使えるためです。

やじそん
やじそん
僕はApple Watchで提示しているのでわざわざ携帯を出す必要もありません!笑

アカウントはメールアドレス、Facebookからも登録できます!

カード登録時はまず、画面右上の+ボタンをタップしましょう!

すでにたくさんの主要カードがありますが、検索窓から自分が登録したいカードを検索することもできます。

ここでは試しにをdポイントカードを登録してみたいと思います。

登録したいカードを選択すると以下の画面が表示されます。

  1. バーコードで読み取る方法
  2. 番号を直接打ち込む方法
  3. 写真から追加する方法

 

・バーコードで読み取る方法
→文字通りカードのJANコードを読み取ります。

・番号を直接打ち込む方法
→バーコード読み取りが上手くいかなかった時に手動で番号を打ち込む方法です。

・写真から追加する方法
→写真ライブラリから追加する方法です。主にデジタルポイントカードなどを取り込む際に利用します。
また、リアルカード手元になくても追加ができます。

この3種類の方法でお手持ちのポイントカードを登録することができます!

登録したカードの使い方

 

先ほどの手順で登録したポイントカードたちは一覧表示されます。

よく使うものは上位表示されます。

実際に表示する際には任意のカードアイコンをタップするだけです。

やじそん
やじそん
タップすると画面が自動で明るくなりスキャンしやすくしてくれます!
 

バーコード画面下には「メモ」「写真」「ポイント表示」の機能付きです。

対象店舗のセール情報やチラシのPDFなどを入れておくと買い物の時に便利!

 

ポイント表示は各提携先ポイントカード先のアカウントログインとの紐付け作業が必要なので注意です!

スタンプカードやバーコードがない場合は利用できない

 

ここまでスマホひとつでポイントカードを集約できる便利なアプリですが欠点もあります。

バーコードスキャンを想定して作られたアプリなのでもちろんスタンプカードの押印はできません。

やじそん
やじそん
個人経営のお店でよくあるパターン…

また、スキャン以外の方法の読み取り方法の場合は利用できません。

リアルカードではないとポイントの付与ができない場合もあります。

頻繁に使うカードならば財布に忍ばせておいてもいいかもしれませんね。

いつも使う先のお店が決まっているなら事前に確認したりするのもいいですね!

まとめ ポイントカードの電子化で財布も気持ちもスッキリ!

 

お店の数だけある?笑 ポイントカードやメンバーズカード。

本記事ではStocardを利用してスマートな管理方法をお伝えしました。

是非この機会に財布の中のポイントカードを整理して頂きつつ、Stocardへ登録してみてください!

スマホひとつで今まで小さな理由で諦めていたポイント付与が楽にできるかもしれないですね!

それでは本日はこの辺りで!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

アプリのダウンロードも是非!!

Stocard - ポイントカード
Stocard – ポイントカード
開発元:Stocard GmbH
無料
posted withアプリーチ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です